会社案内の作り方|役割・用途、デザイン作成のポイントを解説

会社案内の作り方

企業(会社)を紹介する会社案内は、はじめて顧客と接点をもつ際に自社を紹介・説明するためのツールで、企業の第一印象を決め、顧客に渡した後にも手元に長く残る重要なものです。

会社案内の役割は、まず自社のメッセージを伝え自社のことをよく知ってもらうこと、そして、自社に対する不安を払拭し、信頼性や企業価値の向上につなげることです。
そのため、掲載する内容や構成、デザインはよく考えて作成する必要があります。

本記事では、会社案内の基礎知識から、作成する際に注意する点までくわしく解説します。

会社案内の種類と役割

営業ツールとして

会社案内は、「対面営業で自社の強みや優位性をプレゼン・アピールする」「展示会やイベントで配布する」「DMに同封して送付する」など、さまざまな顧客との接点において、営業ツールとして使用されます。
特にPush型営業において、営業スタッフと同様、自社のイメージや信頼感を得るために必要なものとして位置づけられています。
つまり、自社の特徴や強み・優位性、理念を的確に伝え、信頼感やブランドイメージを醸成、顧客の「不安」を払拭し「期待感」に変えるのが、営業ツールとしての役割と言えます。

② 採用のためのツールとして

就職活動を行っている人、おもに学生に自社を知ってもらうための基本的なツールとして会社案内が使用されます。
新卒採用では特に馴染みのない業界の場合、会社説明会や資料請求で営業ツールとして使用している会社案内を配布しても、自社の事業内容や企業理念が伝わりにくいため、採用向けの会社案内(採用パンフレット)を作成することが多くなっています。
就職活動で求職者は多くの企業と接点を持つため、事業内容や福利厚生だけでなく、先輩社員の声やキャリアアップの入社後の自分がイメージできるコンテンツをわかりやすく表現し、他社との差別化を図ることが重要です。
採用ホームページや就職サイトと違い手元に残る会社案内は、本人が読み返すだけでなく家族が手にすることもあります。採用ツールとしての会社案内は、求職者やその関係者の不安を払拭し、最終的に入社を決定づける要素のひとつとなる重要なものです。

③ 企業PRツールとして

昨今、SNSやプレスリリースを通じたPR(Public Relations)や広報活動が活発になり、顧客だけでなく株主や取引先、金融機関などのステークホルダーに対し情報を発信する必要性が増しています。そのような中、会社案内は企業イメージをつくりPRするための基本的なツールとしてなくてはならないものです。

会社案内作成のポイント

目的や用途、ペルソナを設定する

前述のように、会社案内の用途は大きく分けても、営業ツール・採用ツール・企業PRツールの3通りありますが、営業ツールだけ見ても、対面営業で使用される場合、展示会での配布用、ホームページのダウンロード用などさまざまです。
そのため、会社案内を作成する際は、会社案内を作る目的や主に使用する場面を基本軸として決め、会社案内を読む人の人物像(ペルソナ)を設定することからはじめなければなりません。そうすることで、掲載する内容や構成、デザイン、サイズや冊子の形状などを決める際、思いつきや担当者の好みに左右されず、その企業にとって本来あるべき会社案内の姿に近づけることができます。

掲載内容は要点をおさえて

会社案内の目的や用途、ペルソナの設定を終え掲載する内容を考え進めるうち、あれもこれもと伝えたいことが膨らんでくることはよくある事です。しかし、それらすべてを掲載しようとして、もっとも伝えたい、重要な部分のアピールが不足してしまうケースがよく見られます。
このような場合は、ページを増やすことも一つの手ですがその前に、再度読み手の立場で本当に読み手が知りたいことにしぼった内容に精査する必要があります。その際、コーポレートサイトとの違いに着目し、紙の会社案内パンフレットの特長である「情報を一目で、コンパクトに伝えられる」「ページ順にストーリーとして伝えられる」「回覧性が高い」という点を考慮しながら情報を整理すると、掲載する内容を精査しやすくなります。

会社案内のデザイン

デザインやレイアウトに凝りすぎて、メッセージが読みにくくなってしまっては意味がありません。
デザイン戦略・ビジュアル・レイアウトは、企業のブランドイメージを表現しつつ信頼感や安心感を醸成する、シンプルなものから検討します。そして、目的や用途・利用シーン、読み手に応じてさらに掘り下げ具体的に設計していきます。
例えば、対面営業がメインであればその場面を想定し「もっとも訴えたいことを、開きやすい真ん中のページに見開きで表現」したり、ターゲットの性別・年齢層を考慮し「やわらかいデザイン」としたり、ブランドイメージを押し出すために「ページ順にストーリー仕立てで構成」とするなど、それぞれの状況から考えられる様々なアイデアを形に変えていきます。
また、会社案内のデザインは「冊子(パンフレット)全体で考えること」も大事です。統一感のないデザインは、読み手を混乱させるだけでなく、企業のブランドイメージを十分に醸成することが出来なくなってしまいます。

「印刷用紙」「表紙の加工」の選び方

会社案内は印刷する紙の種類や厚さによって、仕上がりの質感や色の表現が異なり、受け取った方の印象もかなり変わります

多くの会社案内パンフレットで選ばれるのが、厚めのコート紙またはマットコート紙です。
コート紙は、なめらかなツヤがあり明るい印象、写真や彩度の高い印刷に向いておりポスターなどの一般的な商業印刷にも多く用いられています。

マットコート紙は、光沢が抑えられ落ち着いた感じ、表面が反射しにくいので文字が読みやすいのが特徴です。
どの紙を選ぶかは、デザインや訴求イメージによって異なるためよく検討が必要です。
不安がある場合は本機校正を依頼すれば、実際に使用する印刷機、紙、インキを用いた確認が可能です。

また、表紙に加工を施すかどうかによっても、会社案内の仕上がりが大きく変わってきます。
特に表紙は会社案内の顔であり、高級感が出るまたは思わず開きたくなるような加工をおすすめします。
表面をコーティングし高級感と同時に耐久性を向上させる、PP加工やニス加工が一般的ですが、疑似エンボスと呼ばれるニス加工の一種では、独特な手触りと見た目を表現することができます。

まとめ

よりよい会社案内を作成することは、自社をあらためて見つめ直す機会でもあり、外部の目によってあらたな魅力や強みが見出されるチャンスです。
経験豊富なプロの眼と第三者の目線を兼ね備え、スタートから完成までをサポートするパートナー選びも会社案内づくりには重要です。

関連サービス

当社がお役に立てること
・ 会社案内の企画、デザイン(詳しくみる
・ 会社案内の印刷(詳しくみる

関連記事