パンフレットとリーフレットの違いとは

消費者や顧客への情報提供ツールとして広く使用される、パンフレットやリーフレット。その名称はどちらもよく知られていますが、その違いを意識していない方も多いのではないでしょうか。
呼称を気にしすぎる必要はありませんが、それぞれの定義や特徴、適した用途などを理解すれば、プロモーションツールの選択や活用、そして企画や計画を練る際に役立ちます。

本記事では、パンフレットとリーフレットの定義や用途それぞれの違いについて解説します。

パンフレットとは

パンフレットの定義

パンフレットは一般的に、「数ページから数十ページと、ページ数が少なく、針金などの簡易な方法で綴じた(中綴じ)、または折った紙を綴じずに重ねた、おもに宣伝用に用いられる小冊子」のことを指します。

ちなみに小冊子は、ユネスコにより「表紙を除き5ページ以上48ページ以下の非定期刊行物」とされていますので、パンフレットも同様の定義となりますが、通常は意識されることはありません。(この場合、ページ数が49ページ以上の場合は「図書(本・書籍)」となります)

パンフレット

パンフレットの特徴と用途

パンフレットはある程度のページ数を確保できるため、デザイン表現やレイアウトの自由度が高く、多くの情報を複数ページにわたって体系的に表現するのに適しています。

たとえば、会社案内、学校案内、病院案内、自社製品の説明など「じっくり読んでほしい」「ブランディングを行いたい」場合におすすめです。
ただし、情報を造作なく詰め込んでしまうと「何を言いたいのか」が伝わらなくなってしまい、結局「何も伝わらない」ということになるので注意が必要です。

リーフレットとは

リーフレットの定義

一般的にリーフレットは、「一枚の紙を折って冊子の形状にした宣伝などに使用する印刷物」とされていますが、ミニパンフレットと呼ぶ人もいます。
パンフレットと異なり複数の用紙を重ねて綴じることはありません。

リーフレットの特徴と用途

リーフレットでは、1枚の紙を半分に折る2つ折り(4ページ)・左右の両端を内側に織り込む巻3つ折り(6ページ)など、様々な折加工で出来た折り目を、用紙上の区切りとしてページを分け、掲載する情報を整理し、見やすくてメリハリのある紙面にすることができます。

ただし、パンフレットに比べ掲載できる情報量は少なくなるため、ターゲットや掲載内容を十分考慮する必要がありますが、工夫することでターゲットにアプローチしやすいツールになります。
例えば、折り方を工夫して目を引く仕掛けを施す、配布する対象や目的に合ったパターンを作るなど、活用の仕方次第で宣伝効果アップが望めます。

リーフレットの折り方

最後に

パンフレットとリーフレットの一番大きな違いは、ページ数の差です。パンフレットは複数の紙を綴じて作られるのに対して、リーフレットは1枚の紙で作られているため形状や掲載できる情報量に違いがあります。
それぞれの特性を活かしたデザインや、最適な用紙・加工方法を選択し、プロモーション効果アップを狙いましょう。

パンフレットリーフレット
仕様 8ページ(表紙を含む)以上、A4サイズの中綴じが多い
6ページ(4ページに1枚差し込み)もある
1枚の用紙を折って2つ折り(4ページ)など様々な折り方
内容 総合的な情報を掲載することが多い特定の情報を整理して掲載
特徴デザインなどからブランドイメージを伝えやすい
受け取った人は、保存に対する意識が生まれやすい
携帯性に優れているので持ち帰りやすい
用途多くの情報をじっくりと伝えるとき
会社案内、学校案内、病院案内、採用パンフレット、商品・サービスパンフレットなど
目的やターゲットを絞った案内・宣伝
商品・サービス案内、キャンペーン案内、施設案内など

関連サービス

当社がお役に立てること
・ パンフレットの企画、デザイン(詳しくみる
・ パンフレットの印刷(詳しくみる

関連記事